中小企業のデジタル化支援サービス

電話番号03-5297-5970
 
 

『中小企業のデジタル化支援サービス』は弊社シニアコンサルタントを中心としたチームを結成の上で対応いたします。

シニアコンサルタントのご紹介

BI・マーケティング・営業システム分野シニアコンサルタント
稲村浩二

花王株式会社にて市場調査、流通企画開発部で販売ノウハウ開発に従事した後、ブランド担当、新規事業プロジェクトリーダー、ヘルスケアフードカテゴリーのシニアマーケターを歴任。頭髪関連新製品を多数発売した後、既存事業のトイレタリーとは異なる食品事業の中で健康エコナシリーズやカテキン飲料ヘルシア・など「健康系食品市場」への参入を経験。 その後、外資系ペットフードメーカで商品ライン拡大に従事した後、大幸薬品株式会社に入社。 社内新規事業であった「クレベリン」を、「空間を除菌する」という新しい市場の啓発、定着、さらに新規販売チャネルの拡大成功に尽力。現在弊社で専属シニアコンサルタントを担いつつ、企業在籍時代の数々の実務ノウハウをもとに、新規事業開発を含む商品開発〜マーケティング〜営業プロセスまで、企業の販売力を高める総合的なコンサルティングを行っています。

ご支援の事例

事例1 BIツールと社内システムの連携

社内資源の各種データ洗い出し、BIツール連携を前提に精査、分類し、最適化したデータでBIツールと自動連係を目指す仕組みの構築。 また、データ分析の結果を実際の事業にどう結び付けるかも含めたコンサルタント業務を行う。

事例2 百花繚乱のBIツール選定へのアドバイス

様々なBIツールが提供されているが、業種、業態や保有するデータの特性等を分析に、最適なBIツール選定をアシスト。また、BIツール導入後の社内教育にも関わる。

事例3 デジタルマーケティングへの取組事始め

製造メーカーであるT社。Webでの販売実績も一部あるが、殆どの商品は小売店を通じた販売がメイン。自社内にマーケティングへの足掛かりとなるデータの蓄積が少なく、また、特約店等とのデータ連携も不足しデータの所在がバラバラでした。社内システムの見直しも含めて、データ収集の仕組み作りから着手した例となります。

ご依頼方法

ご依頼時の注意点

※ ご依頼の内容によってはお受けできない場合がございます。
※ 本契約後のキャンセルは原則お受けできません。
※ パッケージ製品のカスタマイズ等お受けできない場合がございます。